レンジファインダーの特徴

レンジファインダーの特徴

レンジファインダーの特徴

バルナック型、電子式を除くと、残るのはレンジファインダー式と機械式一眼レフとなります。

もちろんバルナック型もレンジファインダーですし、機械式一眼レフの中には電池を利用した適正露出を検出するモデルもありますが、カメラが一般消費者の手に渡った時代のカメラと捉えれば、このカテゴライズに納得できるものがあるでしょう。

またバルナック型は二眼式レンジファインダーでしたが、その後の一眼式レンジファインダーがここに入ると解釈することもできますね。

スポンサーリンク

レンジファインダーと機械式一眼レフ、ともに百花繚乱の時代、世界中でさまざまなデザインのモデルが発売されました。

135フィルムという、共通のフォーマットを使う機械としては異例ともいえる種類です。

レンジファインダーは簡単に言うとビューファインダーのなかに高額距離計と合焦装置が組み込まれているカメラのことで、ビューファインダーの中の像をぴったりと重ねわせてピントを合わせます。

絞り、シャッタースピードはともに手動で行いますが、絞りを優先したモデル、レンズ交換ができる高価なモデルも存在します。

メリットはボディがコンパクトでミラーがないため、シャッターを押してもボディへのショックがなく、シャッター音が静かなこと。

シャッターを押すと「チャッ」と控えめでキュートな音がします。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional