フィルムメーカーの特徴を確かめる

フィルムメーカーの特徴を確かめる

フィルムメーカーの特徴を確かめる

ネガとポジ、ISO感度だけを押さえておけばフィルムの基本はマスターも同然です。

あとはカメラの大きさに応じて変わるフィルムのサイズとか照明によって変えるタングステンフィルムなどの特殊フィルムがありますが、そういった専門的なことは趣味に足を踏み入れてから知識として覚えても十分に間に合います。

面白いのはフィルムメーカーによって微妙に色彩や明るさに違いがあること。

デジタルカメラもカメラメーカーによって情報処理に独特の技術を使っているのでメーカーの特色が出ますが、方向性がリアルな再現だけにゴールは同じ場所にあり、均一化が進んでいます。

スポンサーリンク

いろいろなフィルムを試すのはフィルムカメラの大きなメリットと同時に自分好みのフィルムを見つける楽しさにもつながりますね。

カスタマイズすることは趣味の世界で必然、誰でも通過する儀礼的なことでもあります。

撮りたいモチーフが決まったら、自分好みのフィルムを見つけることは作品作りにも重要なファクターとなるでしょう。

とくにモノクロ写真を撮り始めると、フィルムの持つ濃厚で温かみのある味わいから離れられなくなること間違いありません。

これ、デジタル処理で同じ雰囲気はなかなか出ないんですよね。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional