フィルムカメラの世界は一時より整っている

フィルムカメラの世界は一時より整っている

フィルムカメラの世界は一時より整っている

フィルムもあれば現像所もあり、さらに新品の大手カメラメーカーによるフィルムカメラも手に入るわけで、フィルムカメラを趣味とする環境、じつは案外整っているのです。

さらにカメラに関していえば、これまでに販売された膨大な商品があり、それらが中古市場へ大量に出回っているため、かつて高価だったフィルムカメラが格安で手に入れることができます。

新品のF6やEOS1v、M7もいいのですが、やはり高価であることが難点(カメラメーカーの心意気や良心に拍手を送りたい人はぜひ購入してくださいね)。

中古カメラ店にいけば1/0程度の価格で機械式フィルムカメラを購入することができます。

スポンサーリンク

ネットでも中古カメラの販売盛んで、Yahoo!オークションなどでは、かつての名機が盛んに取引されています。

また、現在はトイカメラというジャンルが確立され、フィルムカメラで自由に写真を楽しむ趣味が定着しています。

トイカメラの世界をバックアップするロモグラフィーという団体もできているほどで、フィルムカメラを趣味とする世界は静かに、けれど確実に広がっているのです。

「フィルムって今、売っているの?」とか「フィルムの現像はできるの?」とか「フィルムカメラって売っているの?」なんて質問をする人は、むしろ時代遅れ、でもあるのです。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional