フィルムの種類について

フィルムの種類について

フィルムの種類について

フィルムカメラを始める前に、フィルムの種類ぐらいは覚えておいた方がいいでしょう。

モノクロとカラー、この2種類は分かりますね。

ではポジフィルムとネガフィルム。

感光剤のところで説明したように、ポジフィルムは被写体の色、光がそのまま再現され、リバーサルフィルムとも呼ばれます。

ネガフィルムは被写体の色と光が反転して撮影されるフィルムですね。

スポンサーリンク

発色が良いのはリバーサルフィルムですが、色補正や明るさの調整ができない難点があり、一方のネガフィルムは発色こそ劣るものの、プリントの際に調整ができる利点を持っています。

もっとも、ネガフィルムでも感光剤の均一性、高密度を果たしているクオリティの高いフィルムもあるので、ネガだから一概に発色が劣るとはいえません。

それからフィルム感度。

ISO表記されている数字ですね。

50から始まり、倍数で進んでいきます。

100、200、400辺りまでが一般的に使用するフィルムで、800、1600は高感度、超高感度フィルムと呼ばれ、夜間や照明の暗いところで使用します。

イルフォードからは3200という超高感度フィルムが発売されていますが、実質的にはISO感度3200の感度はなく、現像処理の際に増感(現像の段階で明るくすること)にも耐えられる感度を持っているという意味でこの名前がつけられています。

フィルムの話、続きます。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional