キャノンもニコンもフィルムカメラを製造している

キャノンもニコンもフィルムカメラを製造している

キャノンもニコンもフィルムカメラを製造している

最近ではネットでフィルム現像とプリント、さらにCD焼付けをするところも増えています。

もちろん、ネット業者に頼むのもひとつの方法ですが、趣味で写真をやるようになると、現像したフィルムの引き伸ばしや色補正を行いたくなるので、できれば対面サービスを行っている店舗を探した方がいいでしょう。

さて、これでフィルムと現像の心配はいらなくなりました。

次はフィルムカメラですね。

「フィルムカメラって今でも売っているの?」これもよく聞く質問です。

スポンサーリンク

じつはニコンもキャノンもフィルムカメラを依然として製造しているのです。

ニコンはハイエンド機のF6とエントリーモデルのFM10、キャノンは最高級モデルのEOS1v。

キャノンにエントリーモデルがないことはやや不満ですが、それでもデジタルカメラに比べて販売成績が極端に落ちるフィルムカメラを製造している点からカメラメーカーとしての良心、心意気が感じられて、思わず拍手を送りたくなります。

欲を言えば電池の要らない機械式カメラの新製品も欲しいところですが、価格を考えるとさすがにそこまでは言えません。

それに機械式カメラならば、老舗のライカが今でも名機の誉れ高いM7やMPを製造しているのですから。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional