やはり草分け的存在のライカ

やはり草分け的存在のライカ

やはり草分け的存在のライカ

レンジファインダーの先駆者もやはりライカでした。

1954年に発表されたライカM3はレンジファインダーの最高技術が投入されており、ライカM3をどうしても追い越せない日本のメーカーはレンジファインダーの開発を諦め、一眼レフに開発方向の転換をさせたことは有名な話です。

もっとも、そのおかげで今日の日本メーカーによる一眼レフの市場独占とライカの一眼レフ参入の遅延につながったことは皮肉でもありますが。

ライカMシリーズには3の他にディフュージョンラインの2と1,継続モデルの4,5,6、それから現行モデルの7があります。

スポンサーリンク

中古モデルの相場は程度によって大きく変わりますが、ポピュラーなM6で多少、キズがあってもいいのなら10万円前後、機能が少し落ちるM2、M1ならば同じく撮影に影響のないキズがあるモデルで7~8万円で手に入れることができます。

ライカはいろいろなファンがいて、カメラを保管庫に入れておく趣味の人もいます。

もちろんクラシックカメラコレクターという趣味の世界もあるのでそれはそれで結構なことですが、そういった人たちにしてみると、ほとんど目立たないキズひとつで1万円単位の減額となっていくそうです。

したがって実用的なライカを求めるならば、けっして手に入れづらい価格ということはなく、むしろ名機を手に入れるための多少の背伸びぐらいに考えることもできます。

ただし、レンズの価格も頭に入れておいてくださいね。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional